名古屋みこころ幼稚園|学校法人聖心学園 名古屋聖心幼稚園

名古屋みこころ幼稚園は、子供たちの「できる」を育てる園です。「思いやりのある自立した子」それが“みこころっ子”の目標です。

*

聖心幼稚園の教育目標

みこころ幼稚園の教育目標
カトリック幼稚園としての使命
目標とする子ども像
「使命」と「目標」を達成するために、モンテッソーリ教育をとり入れています。

モンテッソーリ教育法とは

「子どもたちが輝きだす」「子育てが嬉しくなる」モンテッソーリ教育

マリア・モンテッソーリとは

 マリア・モンテッソーリ(1870~1952)は、イタリアではじめての女性医学者であり教育者でした。
モンテッソーリは、子どもを観察していく中で、子どもは無力なものではなく、適切な環境を与えることによって、自ら活動し、自分自身を成長させていく力があることを発見し、独自の教育法を編み出しました。

モンテッソーリ教育法|参照図1

敏感期をとらえた教育法とは

 「敏感期」は、自然がくれた成長のためのチャンスです。
頑固なまでに何かにこだわったり、同じことを何度も繰り返す子どもを前に、「どうしてなの?」と理解に苦しんだ経験はありませんか。
モンテッソーリは、子どもが「自分でしたい!」時、「自分で選び・集中する」時が、敏感期のサインだと見抜きました。
子どもはその時期、強力に湧き上がる生命エネルギーの力を借りて、自立への道を歩み始めているのです。
敏感期の不思議を知れば、子育ての日々が全く違うものになり輝きだします。

モンテッソーリ教育法|参照図2
モンテッソーリ教育法|参照図3

モンテッソーリ教育法|参照図4モンテッソーリ教育法|参照図5モンテッソーリ教育法|参照図6

環境による自由保育とは

 切る・貼る・折る・縫うなどの手作業の教材や「感覚」「言語」「数」「文化」など、モンテッソーリ女史が考案した教具が6クラス全部に、同じように設定されています。
自由な環境の中で、(1)自分で選び (2)繰り返し集中して取り組み (3)自分のすべてをかけてやり遂げ (4)一人でできた!の達成感・充実感を積み重ねていく ことによって、自由に動く「体」、 物事を考え判断する力「脳(前頭葉)」、 自信・意欲・素直さ・優しさなど「心(精神面)」 と全体的な自分自身を確立し、人間的成長をしていきます。
ここでの自由は、勝手気ままな放任の自由ではなく、決まりを守り責任をもつ自由です。

モンテッソーリ教育法|参照図7
モンテッソーリ教育法|参照図8

モンテッソーリ教育法|参照図9モンテッソーリ教育法|参照図10モンテッソーリ教育法|参照図11

モンテッソーリ資格教師の役割とは

 モンテッソーリ教育では、子どもが主体となって個別に興味ある活動ができるよう、先生の役割が決められています。
(1)環境を整えること。
(2)子どもを観察し、何をしたがっているかを見抜くこと。
(3)子どもがやりたいことを一人でできるように手伝う*1こと。

*1「手伝う」とは、子どもが自分で「見て学べる」ように、「やり方」を
  ゆっくり・はっきり・分析した動きで「してみせる」という教え方。

モンテッソーリ教育法|参照図12

たて割り保育の利点

・年上の子にあこがれたり、年下の子を可愛がったり、子ども同士で学び合い助け合って生活することができます。
・生活全般の中で学びのチャンスは、(1)見て学び (2)自分でやって学び (3)人に教えて学ぶ と三回あり、より確かな自立へと成長していきます。
・入園から卒園までには、学年差のあるいろいろなタイプの子どもと出会い関わることができます。
・一人っ子の子どもにとって、幼稚園で兄弟・姉妹体験をすることができます。

モンテッソーリ教育法|参照図13

公開日:
最終更新日:2016/04/06

名古屋みこころ幼稚園